冬の星座案内
Taurus〜おうし座〜


写真をクリックすると拡大画像が表示されます。

撮影日時:2020年11月13日 25:03から25:39にかけての4分露出10コマをコンポジット
光学系:タムロン17-35mm Di OSD (f=24mm, 絞りF4.0)
アイダスLPS-P2-FF+ケンコーソフトンクリアフィルタ使用
タカハシEM-200赤道儀にて自動ガイド
デジタルカメラ:キヤノンEOS Kiss X4 (改造)
撮影地:山梨県北杜市大泉町

カメラ設定:記録フォーマット…14bit CCD-RAW→16bit TIFF(5184×3456)変換
感度…ISO800相当




Astroarts StellaNavigator
撮影メモ: 晩秋の夜半過ぎ,東の地平線からは早くも冬の星座達が顔を出します。その中で,小さく固まった星の群れが昇り,続いてやや散漫に集まったV字型の星列が現れ,目を引きます。 これがおうし座のプレアデス星団とヒアデス星団です。ヒアデスは雄牛の顔を作ります。その目の部分で赤くアルデバランが輝き,ちょうど雄牛の目が血走っているようです。 日本ではおうし座は空高くかかるので,見えないのは梅雨時の約3ヶ月間だけで,冬でなくても宵の西か,明け方の東の空にその姿が見られます。

Holoscope 〜金牛宮(きんぎゅうきゅう)〜

12星座占い・・・4月21日〜5月21日生まれ
13星座占い・・・5月14日〜6月20日生まれ




名所案内

プレアデス星団M45 ・・・冬の夜空を代表する美しい散開星団,距離410光年
M45周辺の分子雲 ・・・プレアデス星団の周辺に広範囲に分布する淡い星雲
メローペ星雲 ・・・プレアデス星団の南部を覆う,大きさ30分の反射星雲
ヒアデス星団 ・・・おうしの顔を作るV字型の大型の散開星団,距離140光年
カリフォルニア星雲・プレアデス・ヒアデス ・・・上記2星団とペルセウス座の散光星雲の位置関係
かに星雲M1 ・・・ζ星の1.5度北西にある惑星状星雲,距離7200光年
NGC1409, NGC1410 ・・・エリダヌス座との境界上に位置する衝突銀河ペア,距離3億光年
NGC1514 ・・・ペルセウス座との境界近くに位置する小型の惑星状星雲,距離4300光年
ハインドの変光星雲(NGC1554) ・・・ヒアデス星団の北部に位置する原始星・おうし座T星とその周辺の小型の反射星雲
NGC1647, NGC1746 ・・・おうしの角の間に見られる2つの中型の散開星団
NGC1807, NGC1817 ・・・オリオン座との境界付近,20分の間隔で並ぶ2つの小型の散開星団
Sh2-239 ・・・ヒアデス星団の中に位置する,小型の発光星雲
Sh2-240(Simeis147) ・・・ぎょしゃ座との境界に広がる,極めて淡い超新星残骸
LBN826 ・・・Sh2-240の東端に位置する小型の円形の散光星雲
Sh2-245 ・・・西部に広がる淡い超新星残骸「オリオン-エリダヌススーパーバブル」
Sh2-250, Sh2-251 ・・・南部に位置する,淡い2つのHα星雲
おうし座分子雲付近 ・・・プレアデス星団西部に10度ほどの広がりを持つ淡い星間ガス
vdB26 ・・・μ星の1.4度北西に位置する小型の青い反射星雲,距離500光年
vdB27, B10 ・・・ぎょしゃ座との境界付近,おうし座分子雲中心部の反射星雲と暗黒星雲群
vdB29 ・・・ぎょしゃ座との境界付近,おうし座分子雲の一部を作る反射星雲
ヒアデス星団周辺の星雲群 ・・・ヒアデス星団の周辺に広がる分子雲と暗黒星雲




いっかくじゅう座

ぎょしゃ座


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2020 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
ホームページ 星座写真集