冬の星雲・星団めぐり
オリオン-エリダヌス スーパーバブル
(Sh2-245, おうし座〜エリダヌス座の超新星残骸)



撮影日時:2016年1月3日 21:32から23:15にかけての3分露出10コマコンポジットの
3フレームをモザイク合成
光学系:ボーグ60ED, レデューサ使用 (f=245mm, F4.1)
アイダスLPS-P1光害カットフィルタ使用
タカハシJP赤道儀にて自動ガイド
デジタルカメラ:キヤノンEOS 6D (改造)
撮影地:山梨県北杜市大泉町

カメラ設定:記録フォーマット…14bit CCD-RAW→16bit TIFF(5472×3648)変換
撮像サイズ…35×24mm,感度…ISO3200相当



Sh2-245/超新星残骸,タイプ5 E
赤経(概略位置)04h 01m (2000.0)
赤緯(概略位置)+02°45' (2000.0)
見かけサイズ900'以上×30'
実サイズ -
等級 -
距離680光年
その他のIDLBN 839
撮影メモ: おうし座西部からエリダヌス座にかけて広がる,極めて淡い発光星雲がSh2-245です。 この写真は8度×15度ほどの範囲を捉えたもので,Sh2-245は南北に20度近くにも及ぶ筋状の星雲であることがわかります。 Sh2-245は,約20度東のオリオン座付近で起きた複数の超新星爆発により形成された,「オリオン-エリダヌススーパーバブル」と呼ばれる一種の衝撃波面の一部です。 「オリオンOB1アソシエーション」と呼ばれるオリオン座付近の恒星の集団からの紫外光により励起され,赤いHα光を発しています。 周辺には極めて表面輝度が低い分子雲が漂っており,これらの星雲と複雑に絡み合っています。

 オリオン-エリダヌス スーパーバブル広域画像へ(315KB)




LBN826

Sh2-253


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2016 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
ホームページ 冬の星雲・星団写真集 おうし座