冬の星雲・星団めぐり
おうし座分子雲付近



撮影日時:2016年1月9日 22:41から23:49にかけての3分露出10コマコンポジットの
2フレームをモザイク合成
光学系:AFズームニッコール80-200mm F2.8 (f=80mm, 絞りF4.0)
ビクセンアトラクス赤道儀にて自動ガイド
デジタルカメラ:キヤノンEOS 6D (改造)
撮影地:山梨県北杜市大泉町

カメラ設定:記録フォーマット…14bit CCD-RAW→16bit TIFF(5472×3648)変換
撮像サイズ…35×24mm,感度…ISO1600相当



撮影メモ: おうし座西部の東西18.5°×南北15°の星野を中望遠レンズで撮影したものです。画面の左端にプレアデス星団(M45),右側にはおひつじ座が位置します。 このあたりには極めて淡い星間ガスが広がっています。「おうし座分子雲(Taurus Molecular Cloud)」と呼ばれており,プレアデス星団を含めた,多くの星が生まれています。 この分子雲の塊は差し渡しが20度以上あり,西のおひつじ座から東のおうし,北部のペルセウス,ぎょしゃ,などの星座にまで広がっています。 写真に捉えるには,極めて透明度の高い夜に長時間の露出をかけることが必要です。

モノクロ反転強調画像(182KB)

おうし座分子雲付近の天体と星座 おうし座分子雲付近の天体と星座




Red Rectangle

ヒアデス星団周辺の星雲群


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2016 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
ホームページ 冬の星雲・星団写真集 おうし座