秋の星雲・星団めぐり
NGC7822, Ced214付近(ケフェウス座の散光星雲)



撮影日時:2016年8月12日 24:08から25:50にかけての5分露出6コマコンポジットの
3フレームをモザイク合成
光学系:ボーグ67FL, フラットナー使用 (f=324mm, F4.8)
バーダープラネタリウムMoon&Skyglowフィルタ使用
ケンコースカイメモ赤道儀にて自動ガイド
デジタルカメラ:キヤノンEOS 6D (改造)
撮影地:長野県佐久市・大河原峠

カメラ設定:記録フォーマット…14bit CCD-RAW→16bit TIFF(5472×3648)変換
撮像サイズ…35×24mm,感度…ISO1600相当



NGC7822, Ced214/散光星雲,タイプ3 E+R
赤経00h 03m 36.0s (2000.0)
赤緯+68°36' 59" (2000.0)
見かけサイズ約100.0'
実サイズ140光年
等級-
距離2740光年
その他のIDSh2-171, LBN587
撮影メモ: カシオペヤ座のW字の一番西側のβ星と,ケフェウスの五角形の最北端にあたるγ星の中間あたりに淡く広がるHα領域で,中央やや下の明るい部分がCed214,その北部の筋状の領域がNGC7822です。 かなり複雑な形をしていることがわかりますが,大雑把な広がりは2度弱ほどです。 カシオペヤ座からケフェウス座に沿った秋の天の川近くに多く分布する,肉眼では見えない水素ガスのかたまりのひとつですが,他の星雲に比べ,天の川からはやや離れたところにあります。 また,全天で最も北寄りに位置する散光星雲でもあります。広角レンズでカシオペヤ座付近を撮影すると,写野の北寄りに意外に明るく写すことができます。 なお,Ced214の南にSh2-170という小さな円形の星雲があり,全体が?マークにそっくりな形をしていることがわかります。
Ced214付近の散光星雲 NGC7822, Ced214周辺の天体分布
イタリック体は散開星団を表す




青い雪だるま(NGC7662)

IC59,IC63


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2016 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
ホームページ 秋の星雲・星団写真集 ケフェウス座