冬の星雲・星団めぐり
M42(オリオン大星雲)


写真をクリックすると拡大画像が表示されます。

撮影日時:2009年11月20日 26:45から28:34にかけての10分,2分,30秒露出の
各4コマコンポジットの2フレームをモザイク合成
光学系:ビクセン20cmバイザック,レデューサ使用 (1278mm, F6.4)
バーダープラネタリウムMoon & Skyglowフィルタ使用
ビクセンアトラクス赤道儀+ミードPictor 201XTにて完全自動ガイド
デジタルカメラ:ニコンD50 (改造)
撮影地:山梨県北杜市大泉町

カメラ設定:記録フォーマット…12bit CCD-RAW→16bit TIFF(3008×2000)変換
CCD感度…ISO1600相当



M42 (NGC1976)/散光星雲,タイプ1 E
赤経05h 35m 24.0s (2000.0)
赤緯-05°27' 00" (2000.0)
見かけサイズ66×60'
実サイズ25×23光年
等級4.0等
距離1300光年
その他のIDSh2-281, LBN974
撮影メモ: 冬の王者オリオンの三ツ星の下にある,有名な大散光星雲です。まるで鳥が翼を広げたような姿は, 小望遠鏡でも十分鑑賞でき,溜息のでるような美しさです。全天随一の,最高最美の天体です(と,私は思っています)。 私が初めて望遠鏡での写真撮影に挑戦したとき,狙ったのはこのM42でした。なお,M42というのは鳥の翼の部分で, 頭はM43という,別のメシエ天体ということになっています。
オリオン座を形作る多くの星は,このM42で生まれ,現在の位置まで分散したものです。 上の写真では露出オーバーのため白くとんでいますが,このM42の中心部には「トラペジウム」という,生まれたての四連星を見ることができます。 下の写真はM42の中心部を短い露出時間で撮影したもので,これら4つの兄弟星,トラペジウムの姿がわかります。

M42のスペクトル (別ウィンドウ)
トラペジウム
M42の中心部に寄り添うトラペジウム



写真をクリックすると拡大画像が表示されます。

M42の広域画像

撮影日時:2007年1月13日 23:39から25:37にかけての10分露出12コマ
2007年1月19日 22:57から25:20にかけての10分露出4コマ
4コマコンポジットの4枚をモザイク合成
光学系:タカハシ16cmイプシロン (530mm, F3.3)
アイダスLPS-P1光害カットフィルタ使用
タカハシJP赤道儀+ミードPictor 201XT にて完全自動ガイド
デジタルカメラ:ニコンD70 (改造)
撮影地:山梨県北杜市大泉町

カメラ設定:記録フォーマット…12bit CCD-RAW→16bit TIFF(3008×2000)変換
CCD感度…ISO800相当



撮影メモ: オリオン大星雲(M42)を中心とした,2度×3度の領域を捉えたものです。 M42の周辺の淡い星間ガスの広がりを強調しています。 特に星雲の東側には写野全面に星雲が広がっており,はるか東側のバーナードループまでつながっています。




M1(かに星雲)

オリオン大星雲〜馬頭星雲


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2007, 2009 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
ホームページ 冬の星雲・星団写真集 オリオン座