冬の星雲・星団めぐり
まがたま星雲付近(IC405, IC410,ぎょしゃ座)



撮影日時:2017年9月30日 27:16から27:54にかけての5分露出4コマコンポジットの
2フレームをモザイク合成
光学系:タカハシ16cmイプシロン (530mm, F3.3)
アイダスLPS-D1光害カットフィルタ使用
タカハシJP赤道儀+SBIG STVにて完全自動ガイド
デジタルカメラ:キヤノンEOS 6D (改造)
撮影地:山梨県北杜市大泉町

カメラ設定:記録フォーマット…14bit CCD-RAW→16bit TIFF(5472×3648)変換
感度…ISO2500相当



まがたま星雲付近の天体

IC405,IC410付近の星雲・星団
※イタリック体は散開星団を示す
撮影メモ: 冬の夜空のほぼ天頂にかかるぎょしゃ座,その五角形の中に広がる淡い散光星雲を撮影したものです。
画面右がIC405,そしてその左側の円形の星雲がIC410です。IC405は,明るい丸い部分から西の方向に淡い帯状のガスが伸びており,全体がコンマ(,)のような形になっています。 その形から日本では「まがたま(勾玉)星雲」という愛称もあります。
まがたま星雲のほぼ中央には,「ぎょしゃ座AE」という6等級の変光星があります。この星は通称「ランナウェイ・スター」とも呼ばれ,オリオン大星雲(M42)で生まれて飛び出してきた星です。 その旅の途中でたまたまIC405の中を通過している最中で,その光で星雲を輝かせています。この星が遠ざかればIC405はその輝きを失い,暗黒星雲になってしまうでしょう。
画面の左側には,IC405, IC410より小振りな散光星雲・IC417が位置します。 前述の2つの星雲より3倍以上遠くにあり,いくつもの筋状の星雲が伸びている形状から,蜘蛛星雲(Spider Nebula)の別名があります。
IC405 /散光星雲,タイプ2 E
赤経05h 16m 12.0s (2000.0)
赤緯+34°16' 00" (2000.0)
見かけサイズ30×45'
実サイズ19×12光年
等級 -
距離2200光年
その他のIDLBN795
IC410 /散光星雲,タイプ2 E
赤経05h 22m 36.0s (2000.0)
赤緯+33°31' 00" (2000.0)
見かけサイズ23×20'
実サイズ15×13光年
等級 -
距離2200光年
その他のIDSh2-236, LBN807
IC417 /散光星雲,タイプ2 E
赤経05h 28m 17.0s (2000.0)
赤緯+34°25' 00" (2000.0)
見かけサイズ13×8.5'
実サイズ26光年
等級 -
距離7500光年
その他のIDSh2-234, LBN804




NGC2467

IC418


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2017 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
 ホームページ 冬の星雲・星団写真集 ぎょしゃ座