秋の星雲・星団めぐり
IC1805(カシオペヤ座の散光星雲)



撮影日時:2016年12月23日 21:24から23:16にかけての6分露出8コマをコンポジットの
2フレームをモザイク合成
光学系:タカハシ16cmイプシロン (530mm, F3.3)
アイダスLPS-D1光害カットフィルタ使用
タカハシJP赤道儀+SBIG STVにて自動ガイド
デジタルカメラ:ニコンD810A
撮影地:山梨県北杜市大泉町

カメラ設定:記録フォーマット…14bit CCD-RAW→16bit TIFF(7360×4912)変換
撮像サイズ…FXフォーマット(36×24mm)
感度…ISO3200相当,ホワイトバランス…太陽光



IC1805/散光星雲,タイプ3 E
赤経02h 32m 42.0s (2000.0)
赤緯+61°27' 00" (2000.0)
見かけサイズ50×44'
実サイズ37×32光年
等級 -
距離2500光年
その他のIDSh2-190, LBN654
撮影メモ: 秋の天頂高くかかるカシオペヤ座の銀河の流れに沿って,いくつもの水素ガスのかたまり(Hα領域)や散開星団が分布します。 このIC1805は残念ながら肉眼で見ることはできませんが,このあたりの散光星雲の中では写真写りが大変よく,最も大きいもののひとつです。 差し渡しは1度弱あり,約2500光年のかなたに広がっています。
この星雲は,全体の形が歪んだハート型をしています。写真の右上にひときわ明るい領域がありますが,この部分はIC1795という別の番号がつけられています。 また,IC1805のすぐ東にはIC1848というもうひとつの大型の散光星雲が広がっています。 中望遠レンズで撮影するとこれら2星雲を同時に納められ,加えて二重星団も近くに位置するので,とても賑やかな星野写真になります。

IC1805, IC1848周辺の広域画像(175KB)へ




IC1470

IC1848


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2017 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
ホームページ 秋の星雲・星団写真集 カシオペヤ座