春の星雲・星団めぐり
Shapley8(Abell3558, ケンタウルス座の銀河団)


撮影日時:2008年1月5日 28:25から29:17にかけての10分露出6コマをコンポジット
光学系:ミード25cmシュミットカセグレン,レデューサ使用 (1600mm, F6.3)
アイダスLPS-P2-FF光害カットフィルタ使用
ミードLX200赤道儀+Pictor 201XT にて完全自動ガイド
デジタルカメラ:ニコンD80 (改造)
撮影地:山梨県北杜市大泉町

カメラ設定:記録フォーマット…12bit CCD-RAW→16bit TIFF(3872×2592)変換
CCD感度…ISO1600相当




Abell 3558/銀河団,タイプ 4 3 I
赤経13h 27m 54.0s (概略位置)
赤緯-31°29' 00" (概略位置)
見かけサイズ約22'
銀河数226
赤方偏移0.0468
等級13.8等
距離6億4000万光年
所属する超銀河団シャプレー超銀河団
撮影メモ: ケンタウルス座北部に潜む,遠距離ながら極めて大規模な銀河団として知られる"Shapley8" (Abell3558)を捉えたものです。 うみへび座尾部の渦巻銀河・M83の約3度南西に位置します。
Shapley8は,約6億5000万光年の距離に分布する「シャプレー超銀河団」の中核の銀河団で,200個以上の銀河を含みます。 銀河団の集中度指標(richness class)は3に分類されており,Abellカタログの中では明るい銀河を最も多く含みます。 このため,これだけの遠距離にも関わらず,小望遠鏡で何とか撮影することができます。
シャプレー超銀河団はアメリカの天文学者・Harlow Shapley(1885-1972)により研究され,彼の死後,1989年になって独立した超銀河団として認識されたことからこの名を持ちます。




Abell1367

HCG40


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2008 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
 ホームページ 春の星雲・星団写真集 ケンタウルス座