冬の星雲・星団めぐり
NGC1788(オリオン座の反射星雲)



撮影日時:2008年1月5日 22:25から22:56にかけての10分露出4コマをコンポジット
光学系:ミード25cmシュミットカセグレン,レデューサ使用 (1600mm, F6.3)
ミードLX200赤道儀+Pictor 201XT にて完全自動ガイド
デジタルカメラ:ニコンD80 (改造)
撮影地:山梨県北杜市大泉町

カメラ設定:記録フォーマット…12bit CCD-RAW→16bit TIFF(3872×2592)変換
CCD感度…ISO1600相当



NGC1788/反射星雲,タイプ 1 R
赤経05h 06m 55.0s (2000.0)
赤緯-03°20' 15" (2000.0)
見かけサイズ5.5×3.0'
実サイズN/A
等級 -
距離N/A
その他のIDLBN 916
撮影メモ: オリオン座の西部,エリダヌス座との境界付近に位置する差し渡し5分ほどの反射星雲がNGC1788です。 エリダヌス座β星の約2度北に離れたところにあります。NGC1788はこのあたりに分布する大きな暗黒星雲の手前にある恒星からの光を反射して輝いています。 星雲の中心部には,暗黒星雲が入り組んだかなり複雑な構造があることがわかります。




ハインドの変光星雲(NGC1554)

NGC1973


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2008 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
ホームページ 冬の星雲・星団写真集 オリオン座