秋の星雲・星団めぐり
M72,M73(みずがめ座の球状星団と散開星団)



撮影日時:M72: 1999年11月5日 19:22〜19:47(露出25分)
M73: 1999年11月5日 19:52〜20:12(露出20分)
光学系:ビクセン20cmバイザック,レデューサ使用 (1278mm, F6.4)
タカハシJP赤道儀+ミードPictor 201XT にて完全自動ガイド
カメラ:ビクセンVX-1
フィルム:フジカラーSuperG Ace 800
撮影地:山梨県大泉村



M72 (NGC6981)/球状星団,タイプIX
赤経20h 53m 30.0s (2000.0)
赤緯-12°32' 00" (2000.0)
見かけサイズ5.9'
実サイズ100光年
等級9.4等
距離6万光年
M73 (NGC6994)/星群
赤経20h 59m 0.0s (2000.0)
赤緯-12°38' 00" (2000.0)
見かけサイズ3.0'
実サイズN/A
等級9.0等
距離N/A
撮影メモ: やぎ座とみずがめ座の境界付近に東西に並んだ,2つの小型のメシエ天体です。
M72は視直径6分,9等級という小型の球状星団で,ファインダーなどでは普通の恒星との区別がつきにくく,うっかりすると見逃してしまいます。 みずがめ座ε星の南南東3.5度に位置し,注意深く探す必要があります。
M72の東に1度20分ほど隔てたところに,M73が位置します。散開星団ということにはなっていますが,たった4個の10等星以下の星がやや集まっているだけのもので, 天文学的には「星団」と定義できるかどうか,微妙な天体です。このような単なる恒星の特徴的な並びのことを,英語では「アステリズム(Asterism)」といいます。 低倍率で眺めると,確かに小さな星団のようにも見えるので,メシエが散開星団と認識したのもわかるような気がします。




M30

NGC288


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 1999 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
ホームページ 秋の星雲・星団写真集 みずがめ座