秋の星雲・星団めぐり
M52としゃぼん玉星雲(カシオペヤ座の散開星団)



撮影日時:2013年9月28日 23:02から23:54にかけての10分露出6コマをコンポジット
光学系:タカハシ16cmイプシロン,1.4倍テレコンバータ使用 (742mm, F4.6)
アイダスLPS-P2-FF光害カットフィルタ使用
タカハシJP赤道儀+SBIG STVにて完全自動ガイド
デジタルカメラ:キヤノンEOS Kiss X5 (クリアフィルタ改造)
撮影地:山梨県北杜市大泉町

カメラ設定:記録フォーマット…14bit CCD-RAW→16bit TIFF(5184×3456)変換
感度…ISO1600相当



M52 (NGC7654)/散開星団,タイプe, II 2 r
赤経23h 24m 12.0s (2000.0)
赤緯+61°35' 00" (2000.0)
見かけサイズ12'
実サイズ13光年
星数100
等級7.3等
距離3810光年
NGC7635/散光星雲,タイプ1 E
赤経23h 20m 40.0s (2000.0)
赤緯+61°12' 00" (2000.0)
見かけサイズ16.0×6.0'
実サイズ20光年
等級 -
距離12400光年
その他のIDSH2 -162, LBN 548
撮影メモ: カシオペヤ座α星とβ星を結んで,β星の方向に2倍ほど伸ばしたところにある,美しい散開星団がM52(NGC7654)です。 距離は約3800光年,100個ほどの微光星が半円状に密集し,双眼鏡で眺めると小さな星雲状に見えます。 あまり高い倍率だと星同士が分散してしまい,美しさは半減してしまいます。
M52の南西にわずか30分ほど離れたところに,赤い散光星雲NGC7635を見ることができます。 英語では「Bubble Nebula」という愛称があり,しゃぼん玉星雲と訳されます。 下の拡大画像でもわかるように,星雲の中央部にきれいな円形の泡のような構造を持つことが最大の特徴です。 これは星雲の内部で起こった超新星爆発による衝撃波面ではないかと考えられています。 NGC7635は肉眼で見ることはできず,加えて小型なのでそれほど知名度は高い方ではありませんが,M52とともに写すことができ,にぎやかな星域を作っています。 写真の右隅に見られる小型の散光星雲はNGC7538です。

NGC7635のクローズアップ画像
M52周辺の広域画像




M34

M103


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2013 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
ホームページ 秋の星雲・星団写真集 カシオペヤ座