夏の星雲・星団めぐり
M13(ヘルクレス座の球状星団)



撮影日時:2005年4月30日 23:13から23:51にかけての10分露出3コマ,3分露出3コマをコンポジット
光学系:タカハシ12.5cmフローライト屈折 (1000mm, F8.0)
ビクセンアトラクス赤道儀+ミードPictor 201XT にて完全自動ガイド
デジタルカメラ:ニコンD70 (改造)
撮影地:山梨県北杜市大泉町

カメラ設定:記録フォーマット…12bit CCD-RAW→8bit TIFF(3008×2000)変換
CCD感度…ISO1000相当



M13 (NGC6205)/球状星団,タイプV
赤経16h 41m 42.0s (2000.0)
赤緯+36°28' 00" (2000.0)
見かけサイズ10'
実サイズ98光年
等級5.7等
距離22,000光年
撮影メモ: 7月ごろの夜半前,ほぼ天頂にかかる球状星団です。 ヘルクレス座の胴体を形作るη星とζ星の間にあり,周りにはあまり明るい恒星がないのでよく目立ちます。 視直径約10分,約10万個の恒星が集まっています。距離は2万2000光年です。
銀河系内の主な散光星雲や散開星団は,いずれも渦巻き構造を呈する銀河円盤内に分布しますが,M13をはじめとする多くの球状星団はこの原則には当てはまりません。銀河円盤を離れた,「ハロー」と呼ばれる銀河系全体を取り囲む球状の 領域内に一様に分布します。球状星団を構成する星達は,銀河系自身とほぼ同じ100数十億年という老齢なもので,銀河系の形成時の様子を明らかにする上で非常に重要な天体です。




M12

M14


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2005 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
ホームページ 夏の星雲・星団写真集 ヘルクレス座