春の星雲・星団めぐり
Leo I(しし座の矮小銀河)



撮影日時:2005年4月9日 19:58から20:05にかけての90秒露出4コマをコンポジット
光学系:タカハシ16cmイプシロン (530mm, F3.3)
タカハシJP赤道儀にて自動ガイド
デジタルカメラ:フジフイルムFinePix S2Pro
撮影地:山梨県北杜市大泉町

カメラ設定:記録フォーマット…12bit CCD-RAW→16bit TIFF(3024×2016)変換
CCD感度…ISO1600相当,ホワイトバランス…オート



Leo I/系外星雲,タイプdE3
赤経10h 08m 27.4s (2000.0)
赤緯+12°18' 27" (2000.0)
見かけサイズ11.0×8.0'
視線速度N/A
等級11.1等
距離60万光年
所属する銀河群局部銀河群
その他のIDUGC5470, MCG2-26-27,
DDO74, PGC29488
撮影メモ: ここではちょっと珍しい天体を御紹介しましょう。しし座のα星,レグルス付近を撮影したものです。 このレグルスの真北,約20分ほど離れた所に,Leo I(レオ ワン)という楕円銀河があります。広がりは10分ほどあるのですが,光度が約11等と暗く,淡いために眼視では全くわかりません。 この写真の縦と横の白線の交点に注目して下さい。ディスプレイを充分明るくしないと見えないかもしれません。何となくぼんやり明るくなっている円形の領域がLeo Iの姿です。
このLeo Iは銀河系やアンドロメダ大星雲が属する局部銀河群のメンバーで,その存在が発見されたのは写真技術が発達した20世紀半ばのことです。




ESO510-13

Leo II


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2005 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
ホームページ 春の星雲・星団写真集 しし座