冬の星雲・星団めぐり
ガム星雲(とも座〜ほ座の超新星残骸)



撮影日時:2014年12月20日 26:49から27:18にかけての3分露出10コマをコンポジット
光学系:シグマ18-35mm F1.8 DC HSM (f=35mm, 絞りF2.8)
Astronomik CLS-CCDフィルタ使用
ビクセンアトラクス赤道儀にて自動ガイド
デジタルカメラ:キヤノン EOS Kiss X4 (改造)
撮影地:山梨県北杜市大泉町

カメラ設定:記録フォーマット…14bit CCD-RAW→16bit TIFF(5184×3456)変換
感度…ISO800相当



ガム星雲/超新星残骸
赤経08h 34m (中心部の概略位置)
赤緯-45°00’(中心部の概略位置)
見かけサイズ40×90°
実サイズ950光年
等級 -
距離1500光年(中心),300光年(末端)
撮影メモ: 冬の南の低空,とも座からほ座にかけての天の川の中には,差し渡しが40×90°にも及ぶ極めて大きな「ガム星雲」が広がります。 この星雲を研究した天文学者の名をつけたこの天体は,1万〜3万年前に爆発した超新星の残骸と考えられています。 日本ではこの星雲の北半分のみを見ることができますが,地平線ぎりぎりにしか姿を見せないため,好条件で撮影するにはかなりの難物です。
この写真はとも座とほ座の境界付近を捉えたもので,ガム星雲の北東部の一部が写っています。 画面中央部に比較的明るい円形の領域がありますが,ここにはGum17という番号が付いています。 あまりに大きな星雲のため,領域ごとに番号が割り振られています。ガム星雲の全体はリング状で,規模を極めて大きくした網状星雲のような印象です。

モノクロ強調画像(109KB)へ

ガム星雲周辺の星座 ガム星雲周辺の星座




メデューサ星雲

Red Rectangle


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2015 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
ホームページ 冬の星雲・星団写真集 とも座