秋の星雲・星団めぐり
CED211(みずがめ座の発光星雲)



撮影日時:2021年11月28日 18:12から19:01にかけての4分露出13コマをコンポジット
光学系:ミード25cmシュミットカセグレン,レデューサ使用 (1600mm, F6.3)
バーダープラネタリウムMoon & Skyglowフィルタ使用
ミードLX200赤道儀+Lacerta M-GEN にて完全自動ガイド
デジタルカメラ:ニコンD810A
撮影地:山梨県北杜市大泉町

カメラ設定:記録フォーマット…14bit CCD-RAW→16bit TIFF(2040×2040)変換
撮像サイズ…10×10mm
感度…ISO4000相当,ホワイトバランス…太陽光



CED211/発光星雲,タイプ E
赤経23h 43m 49.6s (2000.0)
赤緯-15°17' 04" (2000.0)
見かけサイズ2.0×1.0'
実サイズN/A
等級12.1等
距離640光年
その他のID -
撮影メモ: みずがめ座東部の領域,くじら座β星(ディフダ)の約14度西に位置する,みずがめ座Rという変光星を捉えたものです。 これは387日周期で5等から12等まで明るさが変化する赤色巨星で,周囲を白色矮星が周回する二重星と考えられています。
みずがめ座Rの周囲には,視直径2分ほどの発光星雲・CED (Cederbrad) 211が取り巻いています。 これは白色矮星が新星爆発した際に放出したガスと考えられており,これから惑星状星雲が形成される姿と考えられています。 この新星爆発は西暦930年に起きたことが,日本などで記録されています。




Sivan2付近

M31 (アンドロメダ大星雲)


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2021 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
ホームページ 秋の星雲・星団写真集 みずがめ座