冬の星雲・星団めぐり
ばら星雲(NGC2237,いっかくじゅう座)


撮影日時:2009年11月14日 27:24から28:37にかけての10分露出4コマコンポジットの
2フレームをモザイク合成
光学系:タカハシ16cmイプシロン (530mm, F3.3)
アイダスLPS-P1光害カットフィルタ使用
タカハシJP赤道儀+ミードPictor 201XTにて完全自動ガイド
デジタルカメラ:ニコンD50 (改造)
撮影地:山梨県北杜市大泉町

カメラ設定:記録フォーマット…12bit CCD-RAW→16bit TIFF(3008×2000)変換
CCD感度…ISO800相当




NGC2237-9/散光星雲,タイプ1 E
赤経06h 30m 18.0s (2000.0)
赤緯+05°03’00" (2000.0)
見かけサイズ64×61'
実サイズ67×64光年
等級 -
距離3600光年
その他のIDSh2-275, LBN949
撮影メモ: オリオン座のベテルギウスから東に10度のところにある,満月の2倍ほどの大きな散光星雲です。 その形から,ばら星雲(Rosette nebula)の愛称で呼ばれます。Rosetteとは,ばらの花飾りのことです。見方によっては 左斜め前から見た頭蓋骨のようにも見え,美しさと不気味さを合わせ持っているように思えるのは私だけでしょうか?
ばら星雲の中心部にはNGC2244という散開星団があり,よほど澄んだ空でない限り,肉眼ではこの星団しか見ることができません。 この星雲の中にはグロビュールという星の卵が数多く存在し,星の生成が活発に行われています。 太陽系からの距離は3600光年です。




NGC2182付近

ばら星雲周辺の散光星雲


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2009 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
 ホームページ 冬の星雲・星団写真集 いっかくじゅう座