冬の星雲・星団めぐり
エスキモー星雲(NGC2392,ふたご座の惑星状星雲)



撮影日時:2004年1月30日 23:22から23:34にかけての3分露出4コマをコンポジット
光学系:ミード25cmシュミットカセグレン,レデューサ使用 (1600mm, F6.3)
ミードLX200赤道儀+Pictor 201XT にて完全自動ガイド
デジタルカメラ:フジフイルムFinePix S2Pro
撮影地:山梨県大泉村

カメラ設定:記録フォーマット…12bit CCD-RAW→16bit TIFF(3024×2016)変換
CCD感度…ISO1600相当,ホワイトバランス…オート



NGC2392/惑星状星雲,タイプIIIb+IV
赤経07h 29m 12.0s (2000.0)
赤緯+20°55' 00" (2000.0)
見かけサイズ47×43"
実サイズ0.31×0.28光年
等級8.3等
距離1360光年
撮影メモ: 双子の兄,カストルの胴体を作るδ星(ワサト:3.5等)から東南東に約4度のところにある小型の惑星状星雲です。 視直径は1分以下で,10cm以上の口径を持つ望遠鏡でないと,恒星との区別をつけるのも難しい大変小さな星雲です。 微細な構造を見るには,100倍以上の倍率が必要です。
この星雲は,中心の明るい核の周辺に淡いリング状の構造が取り巻いています。 その形から,防寒服のフードをかぶったエスキモー(イヌイット)の顔に見えるということから, 「エスキモー星雲」というユニークなニックネームを持っています。エスキモー星雲は,恒星が死を迎え,そのガスを宇宙空間にまきちらしている姿です。




NGC2371

NGC2438


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2004 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
ホームページ 冬の星雲・星団写真集 ふたご座