春の星雲・星団めぐり
マルカリアンの銀河鎖(おとめ座の系外星雲群)



撮影日時:2005年5月7日 21:14から21:31にかけての5分露出4コマをコンポジット
光学系:タカハシ16cmイプシロン (500mm, F3.3)
タカハシEM-200赤道儀にて完全自動ガイド
デジタルカメラ:ニコンD70 (改造)
撮影地:長野県小海町・八千穂高原

カメラ設定:記録フォーマット…12bit CCD-RAW→8bit TIFF(3008×2000)変換
CCD感度…ISO800相当



マルカリアンの銀河鎖の主要メンバー
銀河名赤経(2000.0)赤緯(2000.0)サイズ等級
NGC4374(M84)12h 25m 3.7s+12°53' 15"6.4×5.6'10.0等
NGC4406(M86)12h 26m 11.7s+12°56' 49"9.0×5.8'9.8等
NGC443812h 27m 45.5s+13°00' 36"8.6×3.2'10.9等
NGC443512h 27m 40.5s+13°04' 48"2.8×2.0'11.7等
NGC446112h 29m 3.0s+13°11' 08"3.5×1.4'12.1等
NGC447312h 29m 48.8s+13°25' 49"4.4×2.5'11.1等
NGC447712h 30m 2.4s+13°38' 11"3.8×3.4'11.3等
撮影メモ: 数千個もの銀河が密集したおとめ座銀河団の中心部を捉えたものです。画面の右にはM84,M86という2つの明るい楕円銀河が並んでいます。 ここを出発点にして北東の方向に,楕円銀河や渦巻銀河がゆるやかなカーブを描いて連なっています。 この写真は小望遠鏡での撮影のため,明るいものしかわかりませんが,このカーブ上には10個以上の大小さまざまな銀河が並んでいます。 多くの銀河がばらまかれたおとめ座銀河団の中でも特徴的な並びのため,最初に気付いた天文学者の名をとって,「マルカリアンの銀河鎖(Markarian's chain)」と呼ばれます。 鎖の差し渡しは約1.5度で,カーブに沿って望遠鏡を動かしていくと,次々に銀河の光芒が視野の中に飛び込んできます。
この銀河鎖は,私たちから見て偶然きれいに並んでいるだけで,銀河同士に特別な重力的相互作用があるわけではないと考えられています。 特徴的な星を結んでいろいろな星座を作るのと同じように,これは全天でも珍しい,いわば銀河で作られた星座のようなものです。




おとめ座銀河団

M40


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2005 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
ホームページ 春の星雲・星団写真集 おとめ座