夏の星雲・星団めぐり
銀河中心周辺の天体群



撮影日時:2012年4月27日 26:07から27:11にかけての8分露出×4コマコンポジットの
2フレームをモザイク合成
光学系:AFズームニッコールED 80-200mmF2.8 (f=135mm, 絞りF2.8開放)
Astronomik CLS-CCDフィルタ使用
タカハシEM-200赤道儀にて自動ガイド
デジタルカメラ:キヤノン EOS Kiss X4 (改造)
撮影地:長野県小海町・八千穂高原

カメラ設定:記録フォーマット…14bit CCD-RAW→16bit TIFF(5184×3456)変換
CCD感度…ISO800相当



銀河中心周辺の天体分布
撮影メモ: さそり座の尾部に見られる大型の散開星団・M6, M7とその北部の領域を望遠レンズで撮影したもので,写野の範囲は約9度×11度です。 画面を左上から右下に向かって銀河赤道面が通っており,それに沿って赤いHα領域が点在しています。 画面の右下には彼岸花星雲(NGC6357),出目金星雲(NGC6334)が見えています。
さそり座,へびつかい座との境界付近のいて座の領域内に位置する小型の散光星雲・Sh2-16の北西に約30分ほどのところに 銀経0度の銀河中心が位置します。ここには強いX線を放出する「いて座A」が位置し,巨大なブラックホールの存在が推測されています。




LBN1117

パイプ星雲〜アンタレス付近


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2012 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
ホームページ 夏の星雲・星団写真集 さそり座