秋の星雲・星団めぐり
PK136+5.1, Abell 6付近(カシオペヤ座の惑星状星雲)


写真をクリックすると拡大画像が表示されます。

撮影日時:2019年12月27日 21:02から23:27にかけての5分露出の29コマをコンポジット
光学系:タカハシ16cmイプシロン (f=530mm, F3.3)
アイダスLPS-V4光害カットフィルタ使用
タカハシJP赤道儀+SBIG STV にて完全自動ガイド
デジタルカメラ:キヤノンEOS 6D (改造)
撮影地:山梨県北杜市大泉町

カメラ設定:記録フォーマット…14bit CCD-RAW→16bit TIFF(5472×3648)変換
撮像サイズ…35×24mm,感度…ISO3200相当



PK136+5.1/惑星状星雲,タイプ SNR?
赤経03h 03m 48.8s (2000.0)
赤緯+64°53' 28" (2000.0)
見かけサイズ8.3'
実サイズN/A
等級 -
距離N/A
他のIDHFG 1
Abell 6/惑星状星雲,タイプ IIb
赤経02h 58m 42.0s (2000.0)
赤緯+64°30' 07" (2000.0)
見かけサイズ3.1'
実サイズN/A
等級 -
距離N/A
他のIDPK 136+4.1
撮影メモ: カシオペヤ座の大形の散光星雲・IC1805(ハート星雲)IC1848(胎児星雲)の約3度北に並ぶ2つの淡い惑星状星雲を捉えたものです。
左上(北東)の大形の星雲PK136+5.1は視直径約8分の円形をしており,写真観測により1982年に発見されました。この写真では見えませんが,中心の13等級の星により形成されました。 内部は一様で,南側の外殻部に衝撃波面と思われるギャップ構造が認められます。この衝撃波面の北側は不明確です。
右下(南西)に見られる小ぶりな惑星状星雲がAbell 6です。視直径は約3分で,緑色のOIII線を放っています。 内部は一様で,外殻がリング状に明るく見えます。中心星は19等以下で,ほとんど確認できません。
この写真は焦点距離700mm相当にトリミングしています。




PK104-29.1 (Jones 1)

Abell 85


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2020 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
ホームページ 秋の星雲・星団写真集 カシオペヤ座