冬の星雲・星団めぐり
vdB37(オリオン座の反射星雲)



撮影日時:2017年12月22日 23:38から24:59にかけての8分露出11コマをコンポジット
光学系:ミード25cmシュミットカセグレン,レデューサ使用 (1600mm, F6.3)
バーダープラネタリウムUV/IRカットフィルタ使用
ミードLX200赤道儀+Pictor 201XT にて完全自動ガイド
デジタルカメラ:キヤノンEOS Kiss X5 (クリアフィルタ改造)
撮影地:山梨県北杜市大泉町

カメラ設定:記録フォーマット…14bit CCD-RAW→16bit TIFF(5184×3456)変換
感度…ISO1600相当



vdB37/反射星雲,タイプ2 R
赤経05h 18m 04.0s (2000.0)
赤緯+13°26' 00" (2000.0)
見かけサイズ11.8×4.7'
実サイズ2光年
等級 -
距離600光年
その他のIDPGC 17069, MCG +2-14-1
LBN 850, LBN 851
撮影メモ: オリオンの頭に相当するλ星の約6度北西に位置する小型の反射星雲がvdB37です。東西に12分,南北に5分ほどの規模を持ち,中央の7等級の赤いM型星の光を反射しています。 ほとんどの反射星雲は青く輝きますが,このvdB37は全天でも珍しい,黄色〜赤い光を多く含む反射星雲の例として知られています。地球からの距離は600光年ほどと推定されています。




vdB29

vdB62


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2018 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
ホームページ 冬の星雲・星団写真集 オリオン座