春の星雲・星団めぐり
NGC3733, 3756, Abell 1318付近(おおぐま座の系外星雲と銀河団)



撮影日時:2020年1月31日 25:03から27:01にかけての6分露出10コマコンポジットの
2フレームをモザイク合成
光学系:ミード25cmシュミットカセグレン,レデューサ使用 (1600mm, F6.3)
バーダープラネタリウムMoon&Skyglowフィルタ使用
ミードLX200赤道儀+Lacerta M-GEN にて完全自動ガイド
デジタルカメラ:ニコンD810A
撮影地:山梨県北杜市大泉町

カメラ設定:記録フォーマット…14bit CCD-RAW→16bit TIFF(4080×4080)変換
撮像サイズ…20×20mm
感度…ISO4000相当,ホワイトバランス…太陽光



撮影メモ: 北斗七星のひしゃくを作るおおぐま座γ星(フェクダ)の約3度西北西に位置する,中形の銀河と銀河団を同一写野に捉えたものです。NGC3733とNGC3756は長径4分強,12等級の渦巻銀河です。 おおぐま座北部銀河群に属し,5000万〜7000万光年の距離に浮かんでいます。両者のほぼ中間に,不規則銀河に分類されるNGC3738が位置します。
写野の北部,NGC3733のすぐ東隣にAbell1318が位置します。NGC3737, NGC3759などが比較的目立ちますが,それ以外は米粒のような微小な銀河ばかりです。 約26分の範囲内に,50個余りの銀河が含まれます。距離は7億8700万光年と推定されています。
(写真中の4桁の数字はNGCナンバーを表す)

NGC3733/系外星雲,タイプSAB(s)cd:
赤経11h 35m 01.8s (2000.0)
赤緯+54° 51' 08" (2000.0)
見かけサイズ4.7×2.1'
視線速度+1185km/s
等級12.9等
距離5600万光年
所属する銀河群おおぐま座北部銀河群
その他のIDUGC 6554, CGCG 268-55
MCG +9-19-123, PGC 35797
NGC3738/系外星雲,タイプIm
赤経11h 35m 48.5s (2000.0)
赤緯+54° 31' 27" (2000.0)
見かけサイズ2.5×1.7'
視線速度+218km/s
等級11.7等
距離N/A
所属する銀河群 -
その他のIDUGC 6565, CGCG 268-60
Arp 234, MCG +9-19-130
IRAS 11330+5448, PGC 35856
NGC3756/系外星雲,タイプSAB(rs)bc
赤経11h 36m 48.5s (2000.0)
赤緯+54° 17' 46" (2000.0)
見かけサイズ4.2×2.2'
視線速度+1071km/s
等級12.1等
距離7000万光年
所属する銀河群おおぐま座北部銀河群
その他のIDUGC 6579, CGCG 268-63
MCG +9-19-134, IRAS 11340+5434
PGC 35931
Abell 1318/銀河団,タイプ 1 3 II
赤経11h 36m 24.0s
赤緯+54°57' 00"
見かけサイズ25.8'
銀河数56
赤方偏移0.058
等級15.0等
距離7億8700万光年
所属する超銀河団おおぐま座超銀河団




NGC3726

NGC3898, Abell1377付近


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2020 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
ホームページ 春の星雲・星団写真集 おおぐま座