冬の星雲・星団めぐり
NGC1365(ろ座の系外星雲)



撮影日時:2016年12月23日 20:53から21:48にかけての6分露出10コマをコンポジット
光学系:ミード25cmシュミットカセグレン,レデューサ使用 (1600mm, F6.3)
バーダープラネタリウムUV/IRカットフィルタ使用
ミードLX200赤道儀+Pictor 201XT にて完全自動ガイド
デジタルカメラ:キヤノンEOS Kiss X5 (クリアフィルタ改造)
撮影地:山梨県北杜市大泉町

カメラ設定:記録フォーマット…14bit CCD-RAW→16bit TIFF(5184×3456)変換
感度…ISO1600相当



NGC1365/系外星雲,タイプSB(s)b IC
赤経03h 33m 36.6s (2000.0)
赤緯-36°08' 16" (2000.0)
見かけサイズ11.2×6.2'
視線速度+1547km/s
等級10.1等
距離5500万光年
所属する銀河群ろ座銀河団
その他のIDESO358-17, MCG-6-8-26
VV825, PGC13179
撮影メモ: ろ座の東端,エリダヌス座との境界付近に位置する中型の棒渦巻銀河がNGC1365です。 長径は約10分,東西方向に棒状の構造が伸び,そこから南北方向に明瞭な腕が伸びている様子がわかります。 南に低い天体のため,東京での南中高度は20度しかなく,良い条件で観察する機会はなかなかありません。 眼視では視直径3分ほどの中心核の光芒を見るのが精一杯かもしれません。
このあたりには銀河が数多く分布しており,ろ座にはろ座銀河団という大規模な銀河の群れも見られます。 NGC1365はこれらの銀河の中でも比較的大型で見やすいものです。




ろ座銀河団

NGC1371


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2017 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
ホームページ 冬の星雲・星団写真集 ろ座