金星の太陽面通過・第1〜第4接触 (2012/6/6)

第1〜第2接触 第3〜第4接触

左:第1〜第2接触, 右:第3〜第4接触

撮影日時:2012年6月6日,時刻は写真中に記載
光学系:ボーグ45EDII+LV25mmアイピース(13倍)でコリメート撮影
合成焦点距離793mm (35mmフィルム換算5668mm)
ND400+ND8+ND4フィルタ使用(適宜変更)
タカハシEM-200赤道儀にて自動ガイド
デジタルビデオカメラ:キヤノンiVIS HF M41
撮影地:新潟県上越市・たにはま公園

カメラ設定:画質モード…MXP(24Mbps),撮影モード…絞り優先マニュアル
レンズ…f=61mm (35mmフィルム換算 f=436mm),絞りF3.0開放
※キャプチャしたJPEG画像各30コマ(1秒分)をRegistax 5.0でスタック




撮影メモ: 2012年6月6日の金星の太陽面通過は6時間半に及ぶ長丁場でしたが,そのクライマックスと言える,最初と最後の金星-太陽間の第1接触から第4接触の様子を連続写真にしたものです。 金星は約20分かけて太陽面に現れ,そして抜けていきます。第3〜第4接触で各画像の色調がばらついているのは雲の影響のためです。
シーイングがかなり悪い上に雲が飛来する条件だったものの,金星像の動きを明瞭に追跡することができました。 いわゆる「ブラックドロップ現象」のような,金星像のゆがみなどは確認されませんでした。





金星の太陽面通過・金星の動き

Hα光による金星の太陽面通過


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2012 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
 ホームページ 月面・惑星写真集