中央火口列方面



撮影日時:2008年3月15日 19:58 (露出1/10秒)
光学系:タカハシ12.5cmフローライト屈折+テレビュー ラジアン10mmアイピース(100倍)でコリメート撮影
合成焦点距離2290mm (35mmフィルム換算11000mm)
ビクセンアトラクス赤道儀にて自動ガイド
デジタルカメラ:オリンパスC-5060WZ
撮影地:山梨県北杜市大泉町

カメラ設定:画質モード…SHQ (2592×1944 12bit CCD-RAW→16bit TIFF変換)
レンズ…f=22.9mm (35mmフィルム換算 f=110mm),絞りF4.8開放
CCD感度…ISO200相当,ホワイトバランス…オート




撮影メモ: 月の中央やや南側にならぶプトレマイオス,アルフォンスス,アルザケール,プールバッハ,レギオモンタヌス, といった大きなクレーターの列は中央火口列といい,月の欠け際の明暗境界線の方向と一致するので,半月のころ非常に目立ちます。
また,この中央火口列の西側に広がる雲の海には,直線壁という南北に伸びた大きな崖が見られます。長さ約115km,高さ400mほどの断崖で, 月面上で最も明瞭な正断層です。



地 形 案 内
Index Map
INDEX名  称クレーター直径
1プトレマイオス(Ptolemaeus)153km
2アルフォンスス(Alphonsus)110km
3アルザケール(Arzachel)97km
4セービト(Thebit)57km
5プールバッハ(Purbach)118km
6レギオモンタヌス(Regiomontanus)120km
7デランドル(Deslandres)234km
8アルバテグニウス(Albategnius)136km
9ラカイユ(La Caille)68km
10ブランキヌス(Blanchinus)62km
11ヴェルナー(Werner)70km
12アピアヌス(Apianus)63km
13アルペトラギウス(Alpetragius)40km
14W.ハーシェル(W. Herschel)41km
15ヒッパルコス(Hipparchus)150km
A直線壁-





中央の入り江方面

月面X


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2008 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
 ホームページ 月面・惑星写真集