クラビウス〜ティコ方面



撮影日時:1996年1月13日 28:12(露出5秒)
光学系:タカハシ13cm反射+コレクタ,Or6mm引伸法 (合成12700mm,F98.0)
タカハシEM-200赤道儀にて自動ガイド
カメラ:ミノルタSRT-101
フィルム:アグファカラー XRG100
撮影地:山梨県甲府市・荒川ダム




撮影メモ: 南部地域のクレーター密集地帯の中にあるクラビウス・クレーターは直径225km,地球から見える側の 月面では最大級の大きさを誇り,3cm双眼鏡でもはっきり見ることができます。外輪山はあまり急峻ではなく, 比較的古いクレーターと考えられています。
このクラビウスの北部には直径85kmのティコ・クレーターがあります。こちらはクラビウスに比べて輪郭が はっきりしており,新しいクレーターのように見えます。満月の頃,このティコからは非常に発達した白い光の筋(光条) が伸び,まわりのクレーターをかき消してしまいます。1968年1月19日,アメリカの無人探査機サーベイヤー7号がティコ 外輪山の西端に軟着陸し,2万枚以上の写真撮影と土壌データの収集を行いました。



地 形 案 内
Index Map
INDEX名  称クレーター直径
1クラビウス(Clavius)225km
2ロンゴモンタヌス(Longomontanus)145km
3ティコ(Tycho)85km
4ヴィルヘルム(Wilhelm)107km
5シャイナー(Scheiner)100km
6ブランカヌス(Blancanus)105km
7クラプロート(Klaproth)119km
8ベッティヌス(Bettinus)71km
9サッセリデス(Sasserides)90km
10ガウリクス(Gauricus)79km
11ヴルツェルバウアー(Wurzelbauer)88km
12カプアヌス(Capuanus)60km
A病いの沼-





直線壁方面

クラビウス・クレーター方面


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 1997 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
 ホームページ 月面・惑星写真集