静かの海方面



撮影日時:2011年9月15日 26:49, 26:50(録画時間各30秒)
2フレームをモザイク合成
光学系:笠井20cmニュートン反射(NERO-200DX)+パンオプティック35mm(34倍)でコリメート撮影
合成焦点距離2176mm (35mmフィルム換算14790mm)
タカハシEM-200赤道儀にて自動ガイド
デジタルビデオカメラ:キヤノンiVIS HF-S10
撮影地:茨城県日立市

カメラ設定:画質モード…MXP(17Mbps),撮影モード…プログラムオート
レンズ…f=64mm (35mmフィルム換算 f=435mm),絞りF2.8開放
Registax6にて400コマ,450コマをスタック,ウェーブレット変換処理




撮影メモ: 月面東部に広がる円形の「静かの海」のクローズアップです。月の欠け際が近い時期に眺めると,一見のっぺりした海の表面にも様々な地形があることに気付きます。 特に静かの海北部,晴れの海との境界付近には低い山地があり,溶岩に埋もれた「ゴーストクレーター」の輪郭もいくつか認められます。
この写真には,たくさんの月探査船の着陸点が見えています。1969年7月20日,静かの海の南端付近にアポロ11号が着陸しました。 言うまでもなく「人類の偉大な一歩」として,初めて有人着陸に成功したアメリカの月着陸船です。タウルス山脈の麓に着陸したアポロ17号までの6機が月面に到達し, 12人の宇宙飛行士が月に降り立ちました。アポロ13号は映画にもなったように,爆発事故により着陸中止となっています。




地 形 案 内
Index Map
INDEX名  称クレーター直径
1プリニウス(Plinius)43km
2アラゴ(Arago)26km
3リッター(Ritter)31km
4サバイン(Sabine)30km
5ドランブル(Delambre)52km
6タルンティウス(Taruntius)56km
7マクロビウス(Macrobius)64km
8ウィトルウィウス(Vitruvius)30km
9マラルディ(Marardi)40km
10コーシー(Cauchy)10km
11ドース(Dawes)28km
12マスケリン(Maskelyne)24km
A静かの海-
B晴れの海-
Cアルケシア岬-
D夢の沼-
Eアポロ11号着陸点('69/7/20)アメリカ
Fレインジャー8号衝突点('65/2/20)アメリカ
Gサーベイヤー5号着陸点('67/9/11)アメリカ
Hアポロ17号着陸点('72/12/11)アメリカ





晴れの海方面

アリアデウス谷方面


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2012 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
 ホームページ 月面・惑星写真集