アリスタルコス・クレーター方面



撮影日時:2012年7月30日 21:42(録画時間30秒)
光学系:笠井20cmニュートン反射(NERO-200DX)+パンオプティック35mm(34倍)でコリメート撮影
合成焦点距離2074mm (35mmフィルム換算14824mm)
タカハシEM-200赤道儀にて自動ガイド
デジタルビデオカメラ:キヤノンiVIS HF-M41
撮影地:茨城県日立市

カメラ設定:画質モード…FXP(24Mbps),撮影モード…絞り優先オート
レンズ…f=61mm (35mmフィルム換算 f=436mm),絞りF3.0開放
Registax6にて300コマをスタック,ウェーブレット変換処理




撮影メモ: 嵐の大洋北部に位置するアリスタルコス(直径40km)は,小型ですが月面で最も明るいクレーターです。 一辺約100kmの四角形の台地の南端にあります。この台地には月面最大の蛇行谷であるシュレーター谷も見られ, 望遠鏡の倍率を高めにするとその眺めは興味深くなります。
ところで,このアリスタルコス付近は,月面における異常現象(TLP: Transient Lunar Phenomena)の報告例が最も多い場所です。 このTLPというのは,一時的な光やぼやけ,色の変化のことを言って,大多数は地球の大気の揺らぎや観測者の錯覚等による誤認であるといわれています。 しかし説明のつかない現象も少数ながらあり,最近では隕石落下の瞬間と思われる光をビデオ撮影した例もあります。




地 形 案 内
Index Map
INDEX名  称クレーター直径
1アリスタルコス(Aristarchus)40km
2ヘロドトス(Herodotus)35km
3ドリル(Delisle)25km
4ディオファントス(Diaphantus)18km
5オイラー(Euler)28km
6クリーガー(Krieger)22km
Aハービンガー山脈-
Bシュレーター谷-
C嵐の大洋-
D雨の海-
Eカルパティア山脈-





雨の海中央方面

嵐の大洋方面


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2012 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
 ホームページ 月面・惑星写真集