2014年10月の黒点群#2192: Xクラスフレアの3時間の変化


撮影日時:2014年10月25日,時刻は画像中に記載
光学系:コロナドソーラーマックス40, 1.5倍テレコンバータ使用 (f=600mm, F15)
ケンコースカイメモ赤道儀にて追尾
カメラ:セレストロンSkyris445C
撮影地:山梨県北杜市大泉町

カメラ設定:15フレーム/秒×8秒,露出…1/60秒
Registax6にて平均110コマをスタック,ウェーブレット変換処理





撮影メモ: 2014年10月に観測された大規模活動領域#2192では数回の太陽面爆発(フレア)が発生しました。この組写真は10月25日の早朝に起きた最大規模(Xクラス)のフレアの様子と,その後の変化をHα光で捉えたものです。 8:33の画像で,2つの主黒点の間に露出オーバーしたフレア領域が認められ,その後明るさが減じていく様子がわかります。主黒点間に細い筋が見えますが,これは「ポストフレアループ」と呼ばれ,短時間で大きく形状が変化するプロミネンスの姿です。

Hα光による全面画像(10/25)


警 告: 天体望遠鏡を使って太陽の観察や写真撮影を行う際には,正しい減光方法に関する知識がないと,視力低下や失明の危険が伴います。
このページをきっかけに太陽の観察や撮影を行い,その結果生じたいかなる事故についても,当方は一切の責任を負いません。




2014年10月の黒点群#2192:
4日間の変化

2014年10月の黒点群#2192:
白色光とHα光による形状の変化


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2014 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
 ホームページ 月面・惑星写真集