アペニン山脈方面



撮影日時:2008年3月15日 20:05 (露出1/2秒)
光学系:タカハシ12.5cmフローライト屈折+テレビュー ラジアン4mmアイピース(250倍)でコリメート撮影
合成焦点距離5725mm (35mmフィルム換算27500mm)
ビクセンアトラクス赤道儀にて自動ガイド
デジタルカメラ:オリンパスC-5060WZ
撮影地:山梨県北杜市大泉町

カメラ設定:画質モード…SHQ (2592×1944 12bit CCD-RAW→16bit TIFF変換)
レンズ…f=22.9mm (35mmフィルム換算 f=110mm),絞りF4.8開放
CCD感度…ISO400相当,ホワイトバランス…オート




撮影メモ: 雨の海の南東の縁を形成するアペニン山脈付近のクローズアップです。 山脈は北東から南西に向かって伸び,非常に複雑な地形を見ることができます。南側には,山脈とほぼ平行してブラッドリー谷,ハドレー谷などの渓谷が何本か走っています。



地 形 案 内
Index Map
INDEX名  称クレーター直径
1アルキメデス(Archimedes)83km
Aアペニン山脈-
B雨の海-
C腐敗の沼-
Dアポロ15号着陸点('71/7/30)アメリカ





プラトー〜アルプス谷方面

アルキメデス方面


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2008 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
 ホームページ 月面・惑星写真集