2007年8月の木星展開画像






撮影メモ: 前ページの2007年の木星観測画像のうち,8月10日から13日の4日間に渡る画像を展開して合成した木星の「世界地図」です。
木星の表面には恒常的に数多くの縞模様や大赤斑などが見られますが,一過性の様々な現象が観測され,刻々と変化しています。 2007年1月には,木星の南半球の南熱帯(STrZ)で大規模な擾乱が発生し,その影響で暗斑と呼ばれる小規模な嵐のような構造が列をなして並ぶという, 大変珍しい現象が観測されました。





2007年シーズンの木星観測画像

ガリレオ衛星と木星


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2008 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
 ホームページ 月面・惑星写真集