木星と土星の大接近 (2020年12月)



撮影日時:画像中に記載,0.1秒×5コマ,0.01秒×5コマを合成
光学系:12/19: タカハシ12.5cmフローライト屈折 (1000mm, F8.0)
12/20, 21: 笠井20cmニュートン反射(NERO-200DX) (1200mm, F6.0)
12/19: ビクセンアトラクス赤道儀にて自動ガイド
12/20, 21: タカハシEM-200赤道儀にて自動ガイド
CMOSカメラ:ZWO ASI183MC + 赤外カットフィルタ
撮影地:山梨県北杜市大泉町(12/19), 茨城県日立市(12/20,21)

カメラ設定:記録フォーマット…8bit TIFF(5496×3672)
撮像サイズ…13.2×8.8mm,ゲイン…400




夕空の木星と土星(12/19)

撮影日時:2020年12月19日 18:05, 10秒露出
光学系:AFズームニッコール24-85mm (f=85mm, 絞りF5.0)
ケンコースターリーナイトフィルタ使用
デジタルカメラ:ニコンD810A
撮影地:山梨県北杜市大泉町

カメラ設定:記録フォーマット…14bit CCD-RAW→16bit TIFF(7360×4912)変換
撮像サイズ…FXフォーマット(36×24mm)
感度…ISO1600相当,ホワイトバランス…太陽光



撮影メモ: 2020年12月,夕方の南西の空で木星と土星の大接近が観測されました。 12/21に両惑星の離角は約0.1°となり,暗い土星は肉眼でほとんど確認できなくなるほどでした。 木星と土星は約12年ごとに接近を繰り返しますが,今回ほどの接近は約400年ぶりで,一般のニュースでも広く報じられました。
1枚目の画像中の番号は,木星と土星の衛星を示しています。
(I...イオ,II...エウロパ,III...ガニメデ,IV...カリスト,V...タイタン)




火星の自転

2020年シーズンの木星観測画像


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2020 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
ホームページ 月面・惑星写真集