地球接近小惑星2012DA14 (2013/2/16)


撮影日時:2013年2月16日,04:46:52から05:05:51にかけての
30秒露出28コマを比較(明)合成
光学系:AFズームニッコール24-85mm (f=85mm, 絞りF4.0開放)
ケンコースカイメモ赤道儀にて自動ガイド
デジタルカメラ:ニコンD700
撮影地:茨城県日立市

カメラ設定:記録フォーマット…JPEG-FINE (4256×2832)
撮像サイズ…FXフォーマット (36×24mm)
感度…ISO3200相当,ホワイトバランス…太陽光




撮影メモ: 2012年2月に発見された直径50mほどの小型の小惑星・2012DA14が,2013年2月16日の日本時間4:24ごろに地球表面から27700km上空を通過する様子が観測されました。 静止衛星の高度より低く,天然の天体がこれほど近くを通過するのは極めて珍しいことです。
日本では西の空に傾いたしし座の東部を,ほぼ南から北の方向に高速で移動する7等級の恒星状の姿が捉えられました。画面の左端の輝星はしし座β星・デネボラです。 この画像は30秒露出の写真を合成しているものですが,1分間に約1度の速度で移動している様子がわかります。





地球接近小惑星1998WT24

次は日食・月食写真集です


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2013 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
 ホームページ  月面・惑星写真集