地球接近小惑星1998WT24


撮影日時:2001年12月15日 23:01〜23:45(露出各5分)
露出5分の8コマを合成
光学系:タムロンSP 300mm F2.8 (絞りF2.8開放)
タカハシEM-200赤道儀にて自動ガイド
カメラ:ビクセンVX-1
フィルム:エクタクロームE200 (+1増感)
撮影地:山梨県大泉村





撮影メモ: 1998年11月にリンカーン研究チームが18等級で発見した小惑星1998WT24は,2001年12月16日,地球に約180万km(月までの距離の約5倍)まで接近しました。 このとき小惑星はぎょしゃ座付近を1時間に約1度という猛スピードで駆け抜け,9等級の恒星状の姿が,星空の中をみるみる移動していく様子が観測されました。 この写真は45分間の1998WT24の動きを捉えたもので,約5分ごとに切れ目を入れています。




準惑星ハウメアの動き

地球接近小惑星2012DA14


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2001 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
 ホームページ 月面・惑星写真集