冬の星雲・星団めぐり
Sh2-239(おうし座の発光星雲)


撮影日時:2016年1月9日 22:25から23:37にかけての10分露出8コマをコンポジット
光学系:ミード25cmシュミットカセグレン,レデューサ使用 (1600mm, F6.3)
バーダープラネタリウムUV/IRカットフィルタ使用
ミードLX200赤道儀+Pictor 201XT にて完全自動ガイド
デジタルカメラ:キヤノンEOS Kiss X5 (クリアフィルタ改造)
撮影地:山梨県北杜市大泉町

カメラ設定:記録フォーマット…14bit CCD-RAW→16bit TIFF(5184×3456)変換
CCD感度…ISO1600相当




Sh2-239/発光星雲,タイプ 3 E
赤経04h 31m 21.0s (2000.0)
赤緯+18°07' 00" (2000.0)
見かけサイズ5.3×2.5'
実サイズ0.7光年
等級 -
距離460光年
その他のIDLBN821
撮影メモ: おうし座のアルデバランから北北西に約4度離れたところに位置する目立たない発光星雲がSh2-239です。 見かけ上ヒアデス星団の中に位置しますが,実際には3倍以上遠距離にあります。
Sh2-239は周辺に広がる暗黒星雲LDN1551の一部が,生まれたての暗いおうし座T型星の光に照らされている姿です。 星雲の最も明るい部分には,星間ガスの活発なジェット構造を持つ「ハービッグ-ハロー天体」のカタログ番号HH102が与えられています。




Sh2-232付近

Sh2-240(Simeis147)


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2016 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
 ホームページ 冬の星雲・星団写真集 おうし座