準惑星ハウメアの動き



撮影日時:2019年2月1日 28:59から29:03にかけての3分露出2コマをコンポジット
2019年2月2日 28:37から28:40にかけての3分露出2コマをコンポジット
光学系:ミード25cmシュミットカセグレン,レデューサ使用 (1600mm, F6.3)
バーダープラネタリウムMoon&Skyglowフィルタ使用
ミードLX200赤道儀+Pictor 201XT にて完全自動ガイド
デジタルカメラ:キヤノンEOS 6D (改造)
撮影地:山梨県北杜市大泉町

カメラ設定:記録フォーマット…14bit CCD-RAW→16bit TIFF(5472×3648)変換
感度…ISO4000相当



準惑星ハウメア/(136108) Haumea
軌道長半径43.032 au (64.38億km)
近日点距離34.537 au (51.67億km)
遠日点距離51.526 au (77.08億km)
離心率0.197
公転周期282.29年
撮影時のパラメータ:
赤経 (2000.0)14h 19m 23.5s
  →14h 19m 23.7s
赤緯 (2000.0)+16°04' 28"
  →+16°05' 03"
地心距離50.19 au (75.08億km)
日心距離50.44 au (75.46億km)
等級17.2等
撮影メモ: 準惑星ハウメア(Haumea)は,2003年3月7日に発見された冥王星型天体(Plutoid)に属する太陽系外縁天体(Trans-Neptunian Objects, TNO)のひとつです。 冥王星(公転周期247年)のやや外側,黄道面から28度傾いた楕円軌道を約282年の周期で公転しています。 軸長が1000〜2000km程度の楕円体状と推定されており,2005年には2つの衛星が発見されています。 「ハウメア」とはハワイ諸島の豊穣の女神の名前で,2008年9月に冥王星,エリス,マケマケに次ぐ4個目の冥王星型天体として登録されました。
この写真は天球の北を上に向けており,撮影時のハウメアの明るさは17.2等で,うしかい座の南部をゆっくり北上していました。 24時間の間隔を空けた2枚の画像から,角度にして約35秒の移動が確認できます。




準惑星マケマケの動き

地球接近小惑星1998WT24


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2019 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
ホームページ 月面・惑星写真集